就職不安尺度の「モラトリアム」

就職不安尺度の「モラトリアム」というのと 就職ガイダンス・セミナー・説明会に参加経験ありの人に関する質問との間で負の関係がみられた。
この結果というのは、モラトリアム傾向の強い人ほど就職ガイダンス・セミナー・説明会に参加経験あるという総得点が低いということを示唆しているということになるでしょう。
希望する職業と就職不安尺度得点との関連は?
次に、就職不安尺度の各下位尺度の得点から希望する職業がどの程度しぼれているのかという観点で両者の関連性を検討することとします。
そして就職不安尺度の4下位尺度を説明変数、希望する職業を分類したものを被説明変数として重回帰分析を行ないました。
標準偏回帰係数 が、p<.05 水準で有意になったものを調べながら、就職不安尺度の各下位尺度と希望する職業がどの程度しぼれているか?
ということについての関係性をみていきましょう。
就職不安尺度の「モラトリアム」と 希望する職業が絞れているか否かに関する質問との間で負の回帰係数がみられた。
この結果からは、モラトリアム傾向の強い人ほど希望する職業がしぼれていないことを示唆しているといえるのでしょう。
=======================
対策を始めるのに時期は関係ありません。

  • 松竹京介※示談
  • 「どうしてこんなにお金や交渉のことで悩むのだろう。。。」と悩んでいるのはもうおしまいです。
    ここで、すべての正しいやり方が解説されています。

    Comments are closed.