就職活動に取り組む姿勢と就職不安との関連

一方で男女差 については、問題による不安もあります。
でも、それでも社会に出て働きたいという気持ちから積極的に情報を収集するために参加回数が増えたのではないでしょうか。
それにしても、この考えはあまりに一義的な考え方だから、実際に、女性がどれほど仕事に価値を置くかということをさらに調査することが必要になってくるのです。
『KIPS』に関しての質問について、でも、本研究では本学の就職支援サイトである 『KIPS』に限定してしまった。
でも、ネットによる情報収集の積極性をみようと考えていたわけであるから、別のルートからも、どの程度就職に関する情報を収集しているかを回答してもらう必要があったのである。
・就職活動に取り組む姿勢と就職不安との関連はどうでしょうか?
まず、就職不安尺度の各下位尺度の得点からみましょう。
どの程度積極的に情報収集をするのかという観点で両者の関連性を検討するのです。
それで、就職不安尺度の4下位尺度を説明変数、『KIPS』に関する質問、 就職ガイダンス・セミナー・説明会に関する質問などにおいて参加経験の有無というのをそれぞれ被説明変数としています。
そして、重回帰分析を行ないました。
======================
虐待のトラウマ克服を始めるのに時期は関係ありません。

  • 岡田ユキ※虐待
  • 「どうしてトラウマが残っているのだろう。。。」と悩んでいるのはもうおしまいです。
    ここで、虐待を回避するすべての正しいやり方が解説されています。

    Comments are closed.