就職に関する説明会等

得点化したデータをもとに、学年を独立変数としました。
その後、 『KIPS』に関する質問、就職ガイダンス・セミナ ー・説明会に関する質問における参加経験の有無を従属とし、それぞれt検定を行なったものです。
その結果としては、『KIPS』に関する質問において有意な差がみられなかった (t(466)=-1.73,n. s.) のに対して、就職ガイ ダンス・セミナー・説明会に関する質問における参加経験ありの群に関しては、学年が上がるにつれて有意に得点が高い傾向があり (t(286)=2.59,p<. 01) 、参加経験なしの群に関しては、有意な差がみられなかっ た (t(275)=-1.32,n. s.)のです 。
次に、性別を独立変数とし、先ほどと同様にt検定を行なった結果があります。
同 様に 『KIPS』に関する質問において有意な差がみられなかった (t(257)=-1.78,n. s.) 。
しかし、就職ガイダン ス・セミナー・説明会に関する質問における参加 経験あり群に関しては、女性の方が有意に得点が高かい傾向があった (t(286)=2.51,p<. 05) 。
一方で参加経験なし群に関しては、有意な差がみられなかったのです(t(275)=-1.39,n. s.) 。
この結果からわかるのは、本学においてもさまざまな就職に関する説明会等は行なわれているものの、やっぱり対象というのが 3回生に限定されているものが多いのです。
なので、1 回生向 けの説明会等は圧倒的に少ない。
そのため、学年間でも参加できる回数に差があったことが結果に大きく影響しているのでしょう。
参加経験ありの群の得点に学年で差が出たと考えられるのです。
================
勉強を始めるのに時期は関係ありません。

  • 三井豪※英会話
  • 「どうして英語が上達しないのだろう。。。」と悩んでいるのはもうおしまいです。
    ここで、勉強法のすべての正しいやり方が解説されています。

    Comments are closed.