就職サイトを利用

手軽 に、かつ膨大な量の情報を入手できるため、大学生の大多数がこの就職サイトを利用してい る。

例えば、株式会社マクロミルが 2005 年 11 月に 関東地方の卒業後に就職を希望している 20 歳以上 の大学生 681名に対して調査を行なった結果によれば、インターネットの活用が 95%と上位を占めていた。

情報収集経路として就職サイトを利用している者が 80%と最も多かったことがわかっている。
インターネットを利用した就職 支援を行なっており、学生であればWebページから就職に関する情 報を収集できる環境にある。

このため、情報を積 極的に収集しようと考えている本学の学生は就職 サイトを頻繁に利用しているのではな いかと考えた。

==================

腰痛治療を始めるのに時期は関係ありません。

  • 松原秀樹の腰痛
  • 「私はどうして、腰痛が治らないのだろう」と悩んでいるのはもうおしまい、ここで、腰痛改善法のすべての正しいやり方が解説されています。

    Comments are closed.