就職活動時期やスケジュールの傾向について

就職活動(就活)に必須と評判のサイトはこちら

  • 転職面接で役立つ!自己PRや転職理由
  • 就職面接の質問の答え方(理系の学生編)
  • 1 就職状況
    ● 就職後半年の間に離・転職した4年制大卒女性は8 . 1 %
    調査回答者の平成12 年4月の時点での就職率は、4年制大卒女性は92.1%、4年制大卒男性は90.8%、短大卒女性は94.9%となっている。
    就職してから10 月までの半年間に、4年制大卒女性で8.1%、4年制大卒男性で5.9%、短大卒女性で6.4%が離・転職を経験している

    2 就職活動
    ● 4年制大卒女性の約4割が3年生の1 2 月以前に就職活動を開始
    4年制大卒女性の就職活動を開始した時期は、「平成10 年12 月以前」に開始した者が38.5%(男性34.5%)、「平成11 年1月~3月」が38.5%(男性37.5%)となっており、最終学年の前年度末の平成11 年3月末までに就職活動を始めた者が77.0%(男性72.0%)で、男性よりやや早くなっている。
    短大卒女性は、「平成11 年1月~3月」に開始した者が40.4%で最も多く、「平成10 年12 月以前」に開始した者は7.3%となっており、4年制大卒より就職活動を開始した時期は遅い

    ● 資料請求数は女性が男性を上回るが、企業からの資料送付は男性より少ない
    資料請求を行った平均企業数は、4年制大卒女性が64.1 社、4年制大卒男性が59.6 社となっている。
    資料請求に対して、「80%以上」の企業から資料が送付されてきた女性は35.6%であるのに対して、男性は51.3%となっており、資料請求数は女性が男性を上回っているが、企業からの資料送付割合は男性より低い。
    短大卒女性に対する資料送付割合は4年制大卒女性より更に低い。
    採用面接・試験を受けた平均企業数は、4年制大卒女性が12.2 社、4年制大卒男性が11.8社であるのに対して、短大卒女性は6.1 社で4年制大卒の半分程度と少ない

    ● 就職活動開始時期は男性より早く、男性より遅い内定時期
    4年制大卒の内定時期は、男女とも「平成11 年6月~7月」がピークで、短大卒女性は、「平成11 年10 月~平成12 年3月」がピークになっている。

    「平成11 年5月以前」に内定を受けた4年制大卒女性は18.5%、男性は22.4%となっているのに対して、「平成11 年10 月~平成12 年3月」に内定を受けた者は、女性が26.1%、男性が19.1%となっており、就職活動の開始時期は女性の方が早いにもかかわらず、内定時期は女性の方が遅くなっている

    ● 就職企業の選択に当たり重視した条件は、「興味がある業種、職種であること」
    就職企業の選択に当たり、重視した条件は、4年制大卒男女とも、「興味がある業種、職種であること」(女性61.0%、男性53.9%)をあげる者が過半数を占めているが、次いで、4年制大卒女性は、「仕事の内容が自分の適性にあっていること」を、4年制大卒男性は、「会社の経営が安定していること、将来性があること」をあげている。
    就職活動全般を通して「もっとこうしておけばよかった」と思ったことがある者は7割を超えており、4年制大卒男女及び短大卒女性とも、「自分の適性についてもっと考えておくこと」、「もっと多くの就職情報、企業情報を入手すること」が二大反省点となっている

    3 就職活動中、勤務先で出会った男女別取扱い
    ● 4年制大卒女性の最も多くが就職活動中に出会った男女別取扱いは、「面接の時に、『結婚や出産をしても働きつづけますか』と女性にだけ質問していたこと
    4年制大卒女性は、就職活動中に出会った男女別取扱いとして、「面接の時、『結婚や出産をしても働き続けますか』ということを女性にだけ質問していた」(32.9%)、「女性には会社案内を送付しない企業があった」(28.6%)、「男女で募集人数が異なっていた」(28.3%)をあげる者が多
    く、様々な形での女性に対する差別が残っていることがうかがえる

    ● 慣行として残っている結婚、出産退職
    勤務先で出会った男女別取扱いについてみると、4年制大卒女性では、「女性の管理職、役職者がほとんどいない」をあげる者が34.2%で最も多く、次いで「女性のみに制服が支給されている」(30.9%)、が続いているが、「妊娠、出産後も働き続けている女性がいない」、「女性は結婚・出
    産を機に退職する慣行がある」をあげる者も2割程度となっており、男女雇用機会均等法で禁止されている女性の結婚・出産退職制が、慣行として残っていることがわかる。
    結婚・出産退職制の慣行について業種別にみると、4年制大卒女性で、「建設業」に就職した者の約4割、「卸売・小売業、飲食店」に就職した者の約3割が結婚・出産退職慣行があるとしており、「製造業」、「金融・保険業」においても2割を超えている

    4 就業意識
    ● 就職後に強まる転職志向
    就職活動中には、4年制大卒及び短大卒女性は、「結婚、妊娠、出産等家庭の事情で仕事を途中で辞めても再び働きたい」としていた者が最も多く、4年制大卒男性は、「定年までずっと働きたい」としていた者が最も多かったが、就職後には、それぞれ「定年までずっと働きたい」が減少するとともに、「もっと好条件や自分を活かせる企業、職業があれば転職したい」が大幅に増加し、4年制大卒女性、4年制大卒男性、短大卒女性のいずれにおいてもトップを占めており(それぞれ36.8%、50.9%、33.9%)、転職志向の強さをうかがわせる

    ● 「仕事もプライベートも大切にしたい」が主流派
    就職活動中も就職後も、「仕事もプライベートも大切に考えていきたい」としていた者が最も多く、主流派を占めているが、就職後には、「どちらかといえば仕事を中心に考えていきたい」が減少し、「どちらかといえば仕事よりプライベートを中心に考えていきたい」が増加しており、わずかながらプライベート重視に移行していることがみてとれる

    Leave a Comment


    NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
    <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>